カルニチンはアミノ酸の一種

アミノ酸の一種にl-カルニチンという物質があります。体内で生成されている微量成分であり、脂肪を燃焼する機能に関係しています。エネルギー代謝では脂肪酸がミトコンドリア膜を通る必要がありますが、そのままでは反応しません。エネルギーを得るために脂肪を燃やすために、l-カルニチンが脂肪に働きかけるという仕組みです。最近では、脂肪燃焼を助けるl-カルニチンの効果に期待して、ダイエットの補助となるサプリメントとしてスポットが当たっています。l-カルニチン以外にも、自然界には塩化カルニチン、アセチルカルチニンが存在しており、いずれもカルニチンです。それぞれ特性の異なるカルニチンで、代謝を行うものはl-カルニチンのみです。サプリメント等で摂取せずとも、体内ではl-カルニチンがある程度生み出されています。l-カルニチンの量は、基本的には出産時期や成長期でもない限り体内での生成量で事足ります。しかし、現代人の生活形態ではl-カルニチンは不足しがちで、10g/1日という合成量では足りないという話もあります。特に体重が多すぎる人や女性は、l-カルニチン不足に要注意です。必要量の目安は1日につき500mg。これはアメリカの研究によってもたらされた数字です。マトンや赤貝、鰹にはl-カルニチンが比較的豊富に含まれています。l-カルニチンは、サプリメント以外では肉類から補強ができます。http://www.gaopeite.com/