魚の目の治療方法

もし魚の目らしい症状が出たら、皮膚科に行くことをお勧めします。では、実際にはどのように治療をして魚の目を治すのでしょう。魚の目の症状の程度によって、皮膚科の治療方法は変わります。外科手術が行われるのは、魚の目の程度がとても大きい場合です。魚の目にメスを入れ、尖った芯の部分を切り取って根本から治すというやり方です。この時、中心部分を取り除くために液体窒素やレーザーを使ったり、元から根こそぎ切除して取り払うこともあります。再発を防ぐためにはタコのように削るだけではなく、きちんと取り除かねばなりません。魚の目の患部をえぐり取るために、スピール膏という薬品を使うこともあります。これは角質化した部分をほぐしてくれます。たかが魚の目と思わず、痛みがあったり再発を繰り返すような魚の目は皮膚科で治療を受けた方がいいでしょう。患部の症状によって適切な治療方法に変えてもらいますので安心です。軽度の魚の目でしたら市販の薬で対応できることもあります。足に違和感を感じるものができた気がして、それが魚の目のようだと思ったなら、市販の薬で手っ取り早く治した方がいいでしょう。家庭での治療では、硬くなった皮膚を軟らかくするサリチル酸ワセリンを使って角質化した部分を軟化させてまとめて取り払うというものです。http://chu-shidoki.com/